TOP > iPhoneが経済を引っ張る

iPhoneが経済を引っ張る

2007年の6月末に初代モデルが市場に紹介されてから7年以上が過ぎ、今では市場に様々なスマートフォンが溢れています。

これほど多種多様で高機能のスマートフォンが群雄割拠する、いわばスマートフォン戦国時代の昨今、iPhoneはその位置から引きずりおろされてしまったのでしょうか。
それとも、今でもその位置を確固たるものとしているのでしょうか。

スマートフォンが市場にあふれる中、その機能やデザイン、また価格によってそれぞれの人に好みがあるのは当然のことです。しかし、各販売店の戦略を見ると、iPhoneが市場に対して持つ影響力がどの程度のものであるのをかいま見ることができるでしょう。



10月末にはアメリカはサンクスギビング、いわゆる感謝祭の週で祝日となります。
その週の金曜日にはブラックフライデーと呼ばれる、各店舗が一斉にセールを行なう日がやってきます。

この日は、各店舗の市場戦略を伺うことができる日でもあります。

今年2014年のブラックフライデー、各通信会社が目玉商品として売り出したのは最新のiPhone6でした。

またその他のセカンドハンドでの販売を行なう大手ウェブサイトで共通して目玉商品とされていたのは、2世代前のモデルとなるiPhone5となっていました。



数多くあるスマートフォンのなかで、これほど注目が集まり続けているモデルはまだ他に存在していません。



市場でのiPhoneの見せる強さは、しばらく衰えることはなさそうです。


Copyright (C) 2016 iPhoneを便利に使う方法 All Rights Reserved.